Home  日々の活動  (タイトルなし)

2017/4/22
障大連第24回総会。
住之江区民ホール(舞昆ホール)にて。200人越える参加者でいっぱい。障害の種別をこえた大阪の障害者運動を引っ張って四半世紀。加盟団体は約90。制度自体は昔と比べて充実してきたとはいえ、「当たり前の生活」にはまだまだ遠い現実。相模原での殺傷事件も精神保健福祉法の改悪に繋がったり、施設をいかに解体して地域移行するのが今の流れなのに逆行しかねません。障害当事者を中心にした運動の力、広がりが求められます。後半は差別解消法について
の東なお弁護士の講演。当事者目線を大切にしたあつくわかりやすいはなし。